大規模可視化対応PCクラスタシステムは、計算機での数値計算においてGPUを利用出来ます。
※本ページでは、CUDAを用いたGPUの利用方法について解説しています。
 GPUに対応したアプリケーションの利用については下記をご参照ください。

 

GPUについて

GPUとはGraphics Processing Unitの略称であり、PCにおいて画像処理を担うプロセッサのことを指します。GPUは3DCGのシェーディング処理に特化した性能を持ち、大量のデータを複数のプロセッサで同時かつ高速に並列処理することが出来ます。
この特性を生かし、GPUを画像処理以外の用途に利用する技術のことを、GPGPU(General Purpose Computing on GPU)といいます。本ページでは、GPUを計算機での数値計算に利用する方法を解説します。
 

基本的な利用方法

GPUを利用して数値計算を行う場合は、基本的にCUDAを利用する必要があります。
CUDA(Compute Unified Device Archtecture)は、NVIDIAが提供するGPU向けの統合開発環境です。
CUDAはコンパイラやライブラリから構成され、プログラムはC言語を拡張した言語で記述することが出来ます。画像処理の知識は不要です。
CUDAについての詳細は下記のNVIDIA公式ページをご覧ください。
CUDA(NVIDIA)
 

コンパイル方法

CUDAプログラムをコンパイルする場合は、下記のコマンドを実行してください。

nvcc [option] source_file

source_fileには「.cu」拡張子のプログラムファイルを指定してください。
オプション等については、NVIDA公式ページで提供されているマニュアルをご覧ください。
nvccマニュアル(NVIDIA)
 

実行スクリプト

バッチ利用において、CUDAプログラムを実行する際のスクリプト例は下記の通りです。
VCC1ノード、経過時間 1時間、メモリ 60GB でCUDAプログラムa.outを実行するスクリプトになります。