並列プログラミング言語 XcalableMP(XMP) セミナー

概要

並列プログラミング言語XcalableMP(XMP)は、CもしくはFortranで書かれた
逐次プログラムにOpenMPのような指示文を加えることにより,逐次プログラムを
分散メモリシステム用に並列化できる言語です。
また、指示文以外にも、片側通信を簡易に表現できる記法を提供しています。
本セミナーでは、XMPの講習およびXMPを使った並列プログラム作成と実行を
SX-ACE上で行うことで、XMPによる並列プログラム開発を体験していただきます。
 

内容

・XMPの概要
・実習1:指示文を用いたステンシル計算の並列化
・実習2:片側通信機能を用いた行列積の並列化
 

対象者

・分散メモリシステムへプログラムの移行を検討されている方
・並列プログラム開発の生産性向上に関心のある方
・並列プログラミング言語に関心のある方
・ただし、下記の事前知識が必要です
 ・FortranもしくはC言語について、プログラミング経験を有すること
 ・UNIX環境の利用経験があること
 

受講にあたってのご注意

講習会では実習を行いますので、ネットワークに接続可能なノートPCを
必ずお持ちください。また、ターミナルソフト(TeraTermなど)を
使用しますので、あらかじめインストールをお願いいたします。
 

講義資料

XMP講義資料(XcalableMP公式ページへのリンク)
 


開催日 :10月23日(金) 13:30 - 17:00
開催機関:理化学研究所 計算科学研究機構, 大阪大学 サイバーメディアセンター
開催場所:サイバーメディアセンター 本館(吹田キャンパス) 2階 中会議室
     アクセス方法はこちらをご参照ください。
種類  :座学, 実習
定員  :20名
申込締切:10月22日(木) 17:00

講習会の募集は終了しました