SQUIDのジョブクラスは以下のようになっております。使用するノード群や利用方法(共有/占有)毎にジョブクラスが異なりますので、ご注意ください。

 

汎用CPU計算ノード群

利用方法 ジョブクラス 利用可能
経過時間
利用可能
最大Core数
利用可能メモリ 同時利用
可能ノード数
備考
共有利用 SQUID 120時間 38,912 Core
(76Core×512ノード)
124 TB
(248GB×512ノード)
512ノード
SQUID-R 120時間 38,912 Core
(76Core×512ノード)
124 TB
(248GB×512ノード)
257~512ノード クラスタを跨ぐ割当を許可※1
SQUID-H 120時間 38,912 Core
(76Core×512ノード)
124 TB
(248GB×512ノード)
512ノード 高優先度キュー※2
SQUID-S 120時間 38 Core
(76Core×0.5ノード)
124 GB
(248GB×0.5ノード)
0.5ノード ノード内共有キュー※3
DBG 10 分 152 Core
(76Core×2ノード)
496 GB
(248GB×2ノード)
2ノード デバッグ用
INTC 10 分 152 Core
(76Core×2ノード)
496 GB
(248GB×2ノード)
2ノード インタラクティブ利用
占有利用 mySQUID 無制限 76Core×占有ノード数 248GB×占有ノード数 占有ノード数  

※1 汎用CPUノード群は、513ノード、513ノード、494ノードをそれぞれ1クラスタとし、クラスタ内でフルバイセクション(半数のノードが同時に残り半分のノードにデータを送信しても、ネットワーク内での競合が発生しない)の構成にしています。各クラスタ間の接続はクラスタ内に比べると、ネットワーク帯域が狭くなっています。当該キューを利用すると、クラスタを跨ぐ(相互接続網の帯域が狭い経路の)割当を許容します。したがって、割り当て方によってはSQUID、SQUID-Hに比べノード間の通信に時間がかかり、実行時間が伸びる可能性があります。ただし、混雑している場合、実行待ち時間が短縮される場合があります。
※2 高優先度のため実行待ち時間を短縮されるが、ポイントの消費が大きくなる。
※3 他のジョブとの1ノード内での資源共有を許容するキュー。ポイント消費が小さくなるが、他のジョブの影響を受ける可能性がある。

 

 

GPUノード群

利用方法 ジョブクラス 利用可能
経過時間
利用可能
最大Core数
利用可能メモリ 同時利用
可能ノード数
備考
共有利用 SQUID 120時間 2,432 Core
(76Core×32ノード)
15.75 TB
(504GB×32ノード)
32ノード 1ノードあたりGPU8枚
SQUID-H 120時間 2,432 Core
(76Core×32ノード)
15.75 TB
(504GB×32ノード)
32ノード 1ノードあたりGPU8枚
高優先度キュー※1
SQUID-S 120時間 38 Core
(76Core×0.5ノード)
252 GB
(504GB×0.5ノード)
0.5ノード GPU最大4枚まで
ノード内共有キュー※2
DBG 10 分 152 Core
(76Core×2ノード)
1,008 GB
(504GB×2ノード)
2ノード 1ノードあたりGPU8枚
デバッグ用
INTG 10 分 152 Core
(76Core×2ノード)
1,008 GB
(504GB×2ノード)
2ノード 1ノードあたりGPU8枚
インタラクティブ利用
占有利用 mySQUID 無制限 76Core×占有ノード数 504GB×占有ノード数 占有ノード数  

※1 高優先度のため実行待ち時間を短縮されるが、ポイントの消費が大きくなる。
※2 他のジョブとの1ノード内での共有を許容するキュー。ポイント消費が小さくなるが、他のジョブの影響を受ける可能性がある。

 

ベクトルノード群

利用方法 ジョブクラス 利用可能
経過時間
利用可能
最大Core数
利用可能メモリ 同時利用
VE数
備考
共有利用 SQUID 120時間 2,560 Core
(10Core×256VE)
12 TB
(48GB×256VE)
256VE ノード(8VE)単位で割当
SQUID-H 120時間 2,560 Core
(10Core×256VE)
12 TB
(48GB×256VE)
256VE ノード(8VE)単位で割当
高優先度キュー※1
SQUID-S 120時間 40 Core
(10Core×4VE)
192 GB
(48GB×4VE)
4VE ノード内共有キュー※2
DBG 10分 40 Core
(10Core×4VE)
192 GB
(48GB×4VE)
4VE デバッグ用
INTV 10分 40 Core
(10Core×4VE)
192 GB
(48GB×4VE)
4VE インタラクティブ利用
占有利用 mySQUID 無制限 10Core×占有VE数 10GB×占有VE数 占有VE数  

※1 高優先度のため実行待ち時間を短縮されるが、ポイントの消費が大きくなる。
※2 他のジョブとの1ノード内での共有を許容するキュー。ポイント消費が小さくなるが、他のジョブの影響を受ける可能性がある。

 

資源の制限について

各キュー毎に、経過時間、CPU数、メモリ量、同時実行ノード数の制限を設けています。
ジョブスクリプトで資源量を指定をする際は、制限を超えないように指定する必要があります。