HPCフロントエンドでは、「NICE DCV(Desktop Cloud Visiualization)」を使ったリモートディスプレイ環境をご利用いただけます。

クライアントの取得

こちらから「NICE DCVクライアント」を取得し、手元のPCへインストールします。Windows OS、Linux OS、macOS版が用意されています。
 

NICE DCVサーバの仮想セッション作成

HPCフロントエンドへログインし、「NICE DCVサーバ」の仮想セッションを作成します。以下のコマンドを実行してください。
セッション名には任意の文字列を入力してください。
HPCフロントエンドは4台あります。仮想セッションを作成したフロントエンドのサーバに接続する必要があります。サーバ名およびセッション名は接続時に必要となりますので、お手元に情報をお控えください。
 

$ dcv create-session --type=virtual セッション名
(仮想セッションを作成します)
$ dcv list-sessions
(作成した仮想セッションを確認します)

 

NICE DCVクライアントの起動

手元のPCでNICE DCVクライアントを起動します。起動すると、以下のようなウィンドウが表示されます。SQUIDのHPCフロントエンドで作成した仮想セッションに接続します。例えば、仮想セッションを作成したサーバが「squidhpc1」、セッション名が「mysession」であった場合、「squidhpc1.hpc.cmc.osaka-u.ac.jp:5901/#mysession」と入力し、[Connect]をクリックします。

 

HPCフロントエンド上の「NICE DCVサーバ」へ接続が成功すると、以下のような画面が表示されます。ユーザ名、パスワードを入力し、[Login]をクリックします。

NICE DCVのログインに成功すると、以下のようなHPCフロントエンドのデスクトップログイン画面が表示されます。
認証が成功すると、以下のようなHPCフロントエンドのデスクトップ画面が表示されます。

1.1.4.  NICE DCVサーバの仮想セッション削除

NICE DCVの利用が終了した場合、HPCフロントエンドへログインし、NICE DCVサーバの仮想セッションを削除します。

 

$ dcv close-session セッション名

(仮想セッションを削除します)

 

仮想セッションを作成したサーバに接続し削除する必要があります。