サイバーメディアセンターは、学術研究・教育に伴う計算及び情報処理を行う全国共通利用施設として、大規模計算機システムによる高性能計算環境を学内外の学術研究者や産業界の研究者に提供しています。また、本センターの計算機群は、革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)として連携し、計算機資源としても提供されています。

 

本センターの大規模計算機システムは、(1)ベクトル型スーパーコンピュータ、(2)スカラ型スーパーコンピュータから構成されます。

 

以下、それぞれの大規模計算機システムについて紹介します。


ベクトル型スーパーコンピュータ

SX-ACE

本システムは、総計1,536ノード構成(3クラスタ)となる”クラスタ化”されたベクトル型スーパーコンピュータです。 ...[read more]

スカラ型スーパーコンピュータ

OCTOPUS

2017年末 稼働予定 ...[read more]

大規模可視化対応PCクラスタ(VCC)

本システムは、総計65ノードが相互接続されたクラスタシステムです。 ...[read more]

汎用コンクラスタ(HCC)

2017年9月30日 サービス提供終了予定 Express5800/53Xh×575台上の仮想Linuxをクラスタシステムとして演算サービスを提供しています。 ...[read more]

大規模可視化システム

15面シリンドリカル立体表示システム

WXGA (1366×768) 46インチLCD 15面、および、15面モニタ上での可視化処理を制御する画像処理用PCクラスタ(Image-Processing PC Cluster)から構成される可視化システムです。 ...[read more]

24面大型立体表示システム

Full HD (1920×1080) 50インチステレオプロジェクションモジュール 24面、および、24面モニタ上での可視化処理を制御する画像処理用PCクラスタ(Image-Processing PC Cluster)から構成される可視化システムです。 ...[read more]

提供終了した計算機

PCクラスタ(PCC)

提供時期:2006年-2014年
後継機:VCC, HCC ...[read more]

SX-9

提供時期:2008年-2014年
後継機:SX-ACE ...[read more]

SX-8R

提供時期:2006年-2014年
後継機:SX-ACE ...[read more]