Cyber HPC Symposium 2020 Online

新型コロナウイルス感染症の影響で開催を見送っておりました「Cyber HPC Symposium 2020」につきまして、プログラムの一部を変更し、Webexを⽤いたオンライン形式で「Cyber HPC Symposium 2020 Online」として開催することにいたしました。皆様のご参加をお待ちしております。
 

概要

開催日:2020年9月28日(月) 10:30 - 16:40 (接続受付 10:00 - )
形 式:オンライン配信
参加費:無料
主 催:大阪大学 サイバーメディアセンター
共 催:大阪大学 データビリティフロンティア機構
協 賛:学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点(JHPCN)
 

ねらい

今回のシンポジウムでは、ストレージ、データ基盤の研究開発に携わる産学の専門家をお迎えし、本センターの大規模計算機システムの利活用事例、および最新の研究開発動向を踏まえつつ、高性能計算・高性能データ分析を支えるデータ基盤の今後の課題と将来を考えていきます。

 

プログラム

10:30-10:40 開会の挨拶
下條 真司 大阪大学 サイバーメディアセンター
センター長・教授
10:40-11:30 基調講演
SPring-8/SACLAにおけるデータ基盤の開発
城地 保昌 高輝度光科学研究センター
XFEL利用研究推進室 チームリーダー
11:30-12:00 次期スーパーコンピュータのかたち
伊達 進 大阪大学 サイバーメディアセンター
応用情報システム研究部門 准教授
12:00-13:30 昼食休憩
13:30-14:10 招待講演
DDNのHPCストレージへの貢献と新しい課題への取り組み
井原 修一 株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
Lustreエンジニアリング& I/Oベンチマーク 部長
14:10-14:50 未来への挑戦:ライフデザイン・イノベーション
八木 康史 大阪大学 産業科学研究所 複合知能メディア研究分野 /
データビリティフロンティア機構 ライフデザイン・イノベーション研究拠点 教授
14:50-15:00 休憩
15:00-16:30 パネルディスカッション
「HPC/HPDA融合時代のStorage/Data Management」
座長 渡場 康弘 大阪大学 サイバーメディアセンター
先進高性能計算機システムアーキテクチャ共同研究部門 特任講師
パネリスト 井原 修一 株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
Lustreエンジニアリング& I/Oベンチマーク 部長
大辻 弘貴 株式会社富士通研究所
ICTシステム研究所 エッジクラウド基盤プロジェクト
片岡 洋介 日本電気株式会社
第一官公ソリューション事業部 主任
谷村 勇輔 産業技術総合研究所 人工知能研究センター
人工知能クラウド研究チーム 主任研究員
堤 誠司 宇宙航空研究開発機構 研究開発部門
第三研究ユニット 主任研究開発員
野崎 一徳 大阪大学 歯学部附属病院
医療情報室 室長・准教授
16:30-16:40 閉会の挨拶
下條 真司 大阪大学 サイバーメディアセンター
センター長・教授

 

申込に当たってのご注意

本シンポジウムはオンライン会議ツール「Webex」を用いたオンライン配信形式で行います。ネットワークに接続可能な環境をご用意ください。
技術担当:Cyber HPC Symposium 2020 Online テクニカルチーム( cyberhpc-tech@cmc.osaka-u.ac.jp )
 

参考資料


開催日 :9月28日(月) 10:30 - 16:40 (接続受付 10:00 - )
開催機関:サイバーメディアセンター
開催場所:オンライン配信
種類  :シンポジウム
定員  :-
申込締切:イベント当日も参加申し込み可能です

申込フォーム(Registration Form)

氏名*
(Name)
フリガナ
所属*
(Affiliation)
メールアドレス*
(E-mail)
電話番号
(Telephone number)