当センターの計算機では、下記のスケジューラコマンドを提供しています。
 
 qsubコマンド:バッチリクエストの投入
 qstatコマンド:バッチリクエストの状態確認
 qstatgroupコマンド:所属するグループ,課題内のバッチリクエストの状態を確認
 sstatコマンド:バッチリクエストのスケジューリング状態を確認
 sstatgroupコマンド:所属するグループ,課題内のバッチリクエストのスケジューリング状態を確認
 qdelコマンド:バッチリクエストの削除
 その他コマンド
 

バッチリクエストの投入

バッチリクエスト投入は、qsubコマンドを使用します。

% qsub [ジョブスクリプトファイル名]

 

実行例

Request 12345.cmc submitted to queue: ACE.

上記の例はジョブクラス「ACE」に対して、バッチリクエストを投入した際の表示です。
投入し、受け付けられたバッチリクエストには リクエストID が付けられます。
上記の例では12345.cmcというリクエストIDが付いています。

 

 

バッチリクエストの状態確認

バッチリクエストは受け付けられると「QUE」(キュー)状態になります。
次に、実行開始時間が決まりスケジューラマップに配置されると「ASG」(アサイン)状態になります。
そして実行が開始されると「RUN」(実行)状態となります。

 

こういったバッチリクエストの状態を確認するために、当センターでは下記のコマンドを用意しています。

コマンド名 表示内容
qstat 自分が投入したバッチリクエストの状態を表示する
sstat 自分が投入したバッチリクエストのスケジュール状態を表示する

 

qstatコマンド

自分が投入したバッチリクエストの状態を表示します。

% qstat

 

表示例

RequestID ReqName UserName Queue Pri STT S Memory CPU Elapse R H M Jobs
----------- -------- -------- -------- ---- --- - -------- -------- -------- - - - ----
53678.cmc AAA.nqs User_A A1C 0 RUN - 617.29M 79997.28 80254 Y Y Y 1
53720.cmc BBB.nqs User_A A1C 0 QUE - 0.00B 0 0 Y Y Y 1

qstatコマンドで表示される情報は下記の通りです。

 

RequestID:リクエストID

投入したバッチリクエストに割り振られるIDになります。

 

ReqName:バッチリクエスト名

ジョブスクリプト名が表示されます。

 

UserName:ユーザ名

 

Queue:バッチリクエストが存在するキュー名

実際にここで表示されるキュー名は「実行キュー」名となります。
「実行キュー」については各資源毎のジョブクラス表をご覧ください。
ジョブクラス表

 

Pri:バッチリクエストの優先度

 

STT:バッチリクエストの状態

      QUE queued:実行待ち状態
      RUN running:実行中
      POR post-running:スレーブリクエストの実行終了待ち状態
      PRR pre-running:スレーブリクエストの実行開始待ち状態
      EXT exiting:実行結果ファイルの転送中(ステージアウト含む)
      STG staging:バッチジョブの生成、ファイル転送中(ステージイン)
      HLD held:保留中
      HOL holding:保留要求中
      WAT waiting:開始時刻の待ち合わせ中
      SUS suspending,suspended,resuming:実行一時中断の要求中/中断中/再開中
      TRS transferring:転送キューからの送信中
      ARI arriving:転送キューからの受信中
      MIG migrating:動的ジョブマイグレーションによるリクエスト移動中
      RST restarting:チェックポイントからのリスタート中
      CHK checkpointing:チェックポイントの採取中

 

S:ストール状態

      Y ストール
      - 正常
      ストール状態になっているバッチリクエストは正常に実行されません。

 

qstatgroupコマンド

自分と、自分が所属がしているグループのユーザが投入したバッチリクエストの状態を表示します。
HPCI利用者の場合は、自分が所属している課題のユーザが投入したバッチリクエストの状態を表示します。

% qstatgroup

 

表示例

RequestID ReqName UserName Queue Pri STT S Memory CPU Elapse R H M Jobs
----------- -------- -------- -------- ---- --- - -------- -------- -------- - - - ----
53678.cmc AAA.nqs User_A A1C 0 RUN - 617.29M 79997.28 80254 Y Y Y 1
53720.cmc BBB.nqs User_A A1C 0 QUE - 0.00B 0 0 Y Y Y 1
53234.cmc CCC.nqs User_B A1C 0 RUN - 20.93M 221.23 234 Y Y Y 1
53213.cmc DDD.nqs User_C A1C 0 QUE - 1.23B 3423.23 3234 Y Y Y 1

qstatgroupコマンドで表示される情報については、qstatコマンドの欄をご覧ください。
表示される情報は15分間隔での更新となりますので、ご注意ください。

 
 

sstatコマンド

自分が投入したバッチリクエストのスケジューリング状態を表示します。

% sstat

 

表示例

[VCC information]
RequestID ReqName UserName Queue Pri STT PlannedStartTime
--------------- -------- -------- -------- ----------------- --- -------------------
12345.cmc AAA.nqs User_A V56C 3.0585/ 3.0585 RUN Already Running...

sstatコマンドで表示される情報は下記の通りです。
 

RequestID:リクエストID

投入したバッチリクエストに割り振られるIDになります。

 

ReqName:バッチリクエスト名

ジョブスクリプト名が表示されます。

 

UserName:ユーザ名

 

Queue:バッチリクエストが存在するキュー名

実際にここで表示されるキュー名は「実行キュー」名となります。
「実行キュー」については各資源毎のジョブクラス表をご覧ください。
ジョブクラス表

 

Pri:バッチリクエストの優先度

 

STT:バッチリクエストの状態

      QUE QUEUED:実行待ち状態
      RUN RUNNING:実行中
      ASG ASSIGNED:リソースが割り当てられた状態
      POR POST-RUNNING:スレーブリクエストの実行終了待ち状態
      PRR PRE-RUNNING:スレーブリクエストの実行開始待ち状態
      EXT EXITING:実行結果ファイルの転送中(ステージアウト含む)
      STG STAGING:バッチジョブの生成、ファイル転送中(ステージイン)
      HLD HELD:保留中
      HOL HOLDING:保留要求中
      WAT WAITING:開始時刻の待ち合わせ中
      SUS SUSPENDING,SUSPENDED,RESUMING:実行一時中断の要求中/中断中/再開中
      TRS TRANSFERRING:転送キューからの送信中
      ARI ARRIVING:転送キューからの受信中
      MIG MIGRATING:動的ジョブマイグレーションによるリクエスト移動中
      RST RESTARTING:チェックポイントからのリスタート中
      CHK CHECKPOINTING:チェックポイントの採取中

 

PlannedStartTime:実行開始予定時間

「STT:バッチリクエストの状態」がASG状態になった際に、実行開始予定時間が表示されます。
 
 

sstatgroupコマンド

自分と、自分が所属しているグループのユーザが投入したバッチリクエストのスケジューリング状態を表示します。
HPCI利用者の場合は、自分が所属している課題のユーザが投入したバッチリクエストのスケジューリング状態を表示します。

% sstatgroup

 

表示例

[SX-ACE information]
RequestID ReqName UserName Queue Pri STT PlannedStartTime
--------------- -------- -------- -------- ----------------- --- -------------------
12674.cmc AAA.nqs User_A A16C 3.0585/ 3.0585 RUN Already Running...
12432.cmc AAA.nqs User_B A16C 3.0585/ 3.0585 RUN Already Running...

[VCC information]
RequestID ReqName UserName Queue Pri STT PlannedStartTime
--------------- -------- -------- -------- ----------------- --- -------------------
12332.cmc AAA.nqs User_C VCC-C 3.0585/ 3.0585 RUN Already Running...
13241.cmc AAA.nqs User_C GVC-C 3.0585/ 3.0585 RUN Already Running...

sstatgroupコマンドで表示される情報については、sstatgroupコマンドをご覧ください。
表示される情報は15分間隔での更新となりますので、ご注意ください。

 
 

バッチリクエストの削除

qdelコマンド

自分が投入したバッチリクエストを削除します。
実行例

% qdel 123456.cmc(削除したいバッチリクエストID)
Request 123456.cmc was deleted.

 
 

その他のコマンドについて

その他のコマンドを知りたい場合は、下記のマニュアルの第4部リファレンス編 ユーザコマンドをご覧ください。(利用者番号での認証が必要となります。)
NQSII 利用の手引き(要認証)