コンテナ入門

概要

本講習会では、SQUIDに導入されているSingularityを利用したコンテナジョブの投入方法と、コンテナのカスタマイズ方法を説明します。
 

    コンテナとは

    ホストOS上で仮想環境を構築する仮想化技術の1種です。SQUIDのように多数のユーザで共用するスーパーコンピュータシステムにおいても、Singularityコンテナ内ではユーザ自身で必要なソフトウェアをインストールすることができ、柔軟な環境構築が可能です。また、Docker Hub などのコンテナ共有サービスでは有志が作成した多数のコンテナが公開されており、それらをダウンロード、カスタマイズして利用することもできます。

 

こんな方におすすめです

  • コンテナ技術に興味のある方
  • SQUID上で独自の環境を構築したい方
  • 利用予定のソフトウェアやライブラリの組み合わせが複雑な方

 

受講に当たってのご注意

  • 本講習会はオンライン配信形式で行います。ネットワークに接続可能な環境をご用意ください。
  • 本講習会では実習を行いませんが、ご希望の方には講習会用お試しアカウントを発行いたします。
  • 発行した講習会用お試しアカウントは、講習会から1週間ご自由にお使いいただけます。

 

参考情報

コンテナ利用方法(SQUID)
 

講習会資料

講習会終了後に、公開予定です。


開催日 :6月28日(金) 13:30 - 16:30
講師  :日本電気(株)
開催場所:オンライン配信
種類  :座学
定員  :30名
申込締切:6月24日(月)

    参加申込フォーム / Application Form

    氏名 / name*
    フリガナ
    所属 / affiliation*
    職名 / position*
    メールアドレス / E-mail*
    電話番号 / telephone number
    利用者番号 / user ID
    (利用登録をしている場合記入)
    講習用アカウントの発行
    (trial account)