2021.05.18

NaNを含む無効演算例外を検知し、計算を止めたい

ベクトルノード群の場合、実行時に以下の環境変数を指定いただくことでNaNを含む無効演算例外を検知することが可能です。
(NaNを演算に使用されるとエラーとなります。)

export VE_FPE_ENABLE=INV

詳細は、以下のマニュアル 6ページ「1.9 演算例外」の項目をご参照ください。
SX-Aurora TSUBASA Fortran コンパイラ ユーザーズガイド
 

また、エラーを検知した該当箇所を確認する場合は以下も合わせてご指定ください。

 コンパイラオプション:-traceback=verbose -g
 実行時環境変数:export VE_TRACEBACK=VERBOSE

詳細は上記マニュアルの24ページに記載しております。

2021.05.14

qstatでベクトルエンジンのCPU時間、使用メモリを確認したい

qstatコマンドを実行すると、SX-Aurora TSUBASA(ベクトルエンジン)が接続されているLinux(ベクトルホスト)のCPU時間や使用メモリが表示されます。SX-Aurora TSUBASA(ベクトルエンジン)の情報を確認する場合は以下のオプションを指定してください。

1行に出力される情報は、投入するジョブクラスによって異なります。
DBGやSQUID-Sに投入した場合:ベクトルエンジン1台分の使用メモリ量、CPU時間を表示します
SQUIDやSQUID-Hに投入した場合:ベクトルエンジン8台分の使用メモリ量、CPU時間を表示します

2021.05.14

実行したプログラムのベクトル化率やメモリ情報を取得したい

SX-ACEでは標準で出力されていましたが、SX-Aurora TSUBASAではコンパイル時および実行時にオプションを設定する必要があります。
コンパイラオプションでproginfオプションを指定してください。

nfort -proginf test.f90

 
また、ジョブスクリプトで以下を指定してください。

export VE_PROGINF=YES
 または
export VE_PROGINF=DETAIL

2017.01.20

SQUID ベクトルノードで標準出力に出力されるMPIの実行結果を、別ファイルにリダイレクトしたい

SQUID ベクトルノードで実行するNEC MPIにおいて標準出力をリダイレクトする場合は、「/opt/nec/ve/bin/mpisep.sh」スクリプトをご利用ください。

MPIを実行する際、ジョブスクリプトに

と指定していただくと、標準出力はstdout.0:(MPIプロセスID)、標準エラー出力はstderr.0:(MPIプロセスID)へリアルタイムで出力されます。
 

これらの詳しい解説は、下記「NEC MPIユーザズガイド」の3.3 MPI プロセスの標準出力 および 標準エラー出力 に記載されております。
NEC MPIユーザズガイド
 

上記のスクリプトをそのまま使用した場合、stdout/stderrというファイル名になってしまいますが、ご自身でmpisep.shを修正いただくと、任意の名前に変更することも可能です。

2014.12.11

SX-ACE用にコンパイルしたプログラムをSX-Aurora TSUBASA(SQUIDベクトルノード群)で実行することは可能ですか?

基本的に、再コンパイルが必要となります。移行手順は以下をご参照ください。
SX-ACEからSX-Aurora TSUBASAへの移行の流れ